ソープランドが古いし少ない3つの理由

世の中には「需要と供給」という言葉がある。

商売においては、お客さんが需要で店が供給。

需要は多ければ多いほうが商売は成り立つし、需要が少なければ店は潰れる。タピオカの需要はもう去ったから、タピ屋は潰れるのを待つのみ。わたしは好きだよタピ…のタピ以外の部分…

そう考えたら、ソープランドほど需要と供給が見合っていない風俗もない。

デリヘルだから無理だって言ってるのに「また指名するから挿れてもいい?」などと意味不明な条件提示をしてくるクソ客が多い現象こそ、本番行為への需要の証。二度と来ないから、の間違いではなく?

とにかく男はみんなセックスしたい。山があったら登るし、穴があったら挿れたいらしい。

そんな男たちのアツい本番需要に対して、供給が間に合ってない。風俗でセックスできるのはソープだけということになってるのに、ソープランド、全然足りてない。

でも、それにはちゃんと理由があるんです、って話。

ソープは新しく店を作れない

一番はこれ。法律上、ソープは新規開業ができないようになってる。

ソープに限った話じゃないけど、学校とか病院の近くに歓楽街や風俗店ってないじゃないですか?

それもそのはず、風俗店は「保護対象施設」といわれる学校・図書館・児童福祉施設・病院などから、地域や施設によって10〜100m以上離れていなければ営業許可がとれない法律がある。

ナニワ金融道の6巻を読んだことのあるお客様は、このインターネットの掃き溜めの中にいらっしゃいますか?

主人公の灰原が、地上げ屋の肉欲棒太郎が建てたビルに風俗テナントが入るのを阻止するために、半径20m以内に診療所を開業させる話があるんですけど、それは先述の風営法を盾にしたもの。

さらに、保護対象施設がなくとも「このエリアは風俗営業NG」など、各都道府県ごとに細かな出店制限が設けられているので、ソープランドの新規オープンは実質不可能

たまに新規オープンをうたっているソープは、店名を変えたり、法人名義の売買によって経営者を変えたということで、店そのものが新しくできたわけではないのです。

ソープは建て替えができない

そして、人も建物も等しく朽ち果てていくのが世の定め。

ソープランドも例に漏れず、老朽化の著しい建物が多く、外観だけ見ればお世辞にもきれいとは言えないような古い店が大半です。

改装すれば、って思うじゃん?

実は、それも法律でできない。全面改修=新築=新規営業とみなされて、前述の新規出店ルールが適用されてしまう。

なのでソープの外観はどこもボロボロ。少しずつ部分改修を繰り返しながら営業してる。

ソープって、いざ入ってみたら意外ときれいな店も多いんだけど、それは内部の改修だけを行って全面改修とみなされないようにしてるから。

とはいえ、いずれどこかで建物の限界はくるだろうし、火事なんか起きたら一発アウト。

ソープはある日突然なくなる

かつ、ある日いきなり閉店に追い込まれる可能性だって、ゼロじゃない。

下の記事にもちょっと書いたけど、大阪ってソープがなくて、それは大型国際イベントを機に一斉浄化されてしまったから。

関連記事

飛田新地って知ってますか?大阪の西成区にある料亭が立ち並ぶ一帯で、読み方は「とびたしんち」。料亭で出会った客と仲居が自由恋愛を経て性行為に及びまくりな、超強力な恋のパワースポットです。 大阪ってソープがなくて、それは1990年に開催さ[…]

臨時休業中の飛田新地

 

クリーンな日本をアピールしたいときに邪魔な風俗は、こういう国際イベントなどの機会に、見せしめのごとく摘発される。

まあ、見せしめ摘発は、イベントがなくても定期的にニュースになったりしてますよね。

「今までお風呂屋さんだと思っていた店で実は管理売春が行われていた」なんて本当に茶番で、ソープランドで何が行われているか知らない大人なんて、この国にいないでしょ。

にも関わらず、ある日突然そういう茶番が繰り広げられて、突然廃業に追い込まれる。大人の事情があるのでしょう。世の中には不思議がいっぱいです。

ソープは消えゆく定め

今あるソープは全国で約1200軒。

ソープの新規出店ができないように風営法が改正された、1984年以前から営業している店、つまり築36年以上の建築物ばかりです。

築36年って、若くて築36年だしね。築50年以上のソープとかもざらにあるんだろうな。

よっぽどの法改正がない限り、消えゆく定めのソープですが、だからこそ生暖かい目で行方を見守っていきたいものです。

わたしは見守るどころか、ガッツリ働いちゃいましたけど。えーん。

いや、まあ、稼がせてもらいましたよ。いろいろ失ったような気もするが。

ではまた。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
肉欲棒太郎
感想・苦情・殺人予告はtwitterへ!