風俗業界の10年前と今を独断と偏見で比べてみる

風俗業界は竜宮城。

業界から数年も離れていれば、陸に戻った浦島太郎さながら時代に取り残されてしまうような、時の流れが速い世界です。

ところで、わたしが初めて風俗に足を踏み入れたのはデリヘルだったんだけど、それから7年くらいの間、ソープ、イメクラ、ヘルスと、働いたり離れたり出戻ったりを繰り返してた。

最後に働いたヘルスを辞めてからは5年ほどの月日が流れているので、わたしが風俗で働き始めてから、もう10年以上も経っていることになる。

10年て。

10年も経てば当時のJKも結婚適齢期、ひょっとするとバツイチ子持ち。わたしもPOLAリンクルショットとか買っちゃう歳にもなるわけです。

今日は、そんな10年前と今の風俗業界を比べて、変わったな〜と思うところを紹介していきたいと思います。

可愛い子が圧倒的に増えた

まず1つ目は、可愛い風俗嬢、増えすぎ問題。

風俗で働く可愛い子が増えたというより、もう全体的に可愛いよね。女の子。

それはもしかしたら生まれ持った顔じゃなくて、整形する子が増えたってだけの話なのかもしれないけれど、それにしたって可愛い子が多くて普通にビビる。

そんな若くて可愛い子がたくさん風俗で働くようになった。10年前より風俗嬢のルックスは爆上がりしてる。よかったな、岡村隆史。

たぶん理由は大きく分けて2つあって、

  • 整形することへのハードルが下がっている
  • 風俗で働くことへのハードルが下がっている

もうこれに尽きるんじゃないかと。

今も整形は韓国ほどオープンではないにせよ、公言する人は10年前より増えている。

わたしがJKだった頃って、アイプチですら隠すような時代だったんですよ。隠せてないのに。まぶためっちゃ引っ付いてるのに。

それに比べたら、整形でもアイプチでもいいんだけど、まぶたをふたえにするハードル自体が、10年前より下がっているのではないでしょうか。

で、まぶたいじったら、鼻もアゴも一緒だろ。可愛いは作れる。良い時代です。でも、系統の好みって変わりやすいし、あとは感染症とか維持とか気をつけてね。

風俗も一緒で、パパ活したなら、メンエスだってオナクラだってデリヘルだって大差ない。

いや、実際は、食事だけのパパ活と、知らん男と全裸で交わるデリヘルとの差は確固としてあるはずなのに、徐々に段階を踏んでいくことで判断があやふやになってしまう。

そんなこんなで、10年前に比べると「普通の子が可愛くなって風俗で働く」あるいは「普通の子が可愛くなるために風俗で働く」現象が増えているように思います。

店のジャンルが多様化した

そして、そんな可愛い女の子が風俗で働いてくれるようになったので、今度は風俗店の差別化が白熱。

即尺即プレイが売りのオプション無料デリヘル、マットプレイなしで短時間で回す格安ソープ、アニメコスが充実しているイメクラとか、いわゆるコンセプト型の風俗店が乱立した。

そういうお店って昔もあったにはあったんだけど、女の子が完全に客の言いなりになるロボットデリヘルとか、いかがなものかと思うような風俗店が増えた気がするんですよね。

遊ぶ側は楽しいかもしれないけれど、女の子側は負担も大きいんじゃないか、それ。

女の子の負担が増えた

そう、10年前より、女の子が大変になっていると思うんです。

ヘブンの写メ日記にせっせとサービスショットをアップしたり、お客さんとLINEを交換して直接やりとりしたりとかもあるし。そんなの負担でしかないでしょ、まじで。

ヘブンとは、「シティヘブンネット」という、おそらく業界最大の風俗情報サイトのこと。

そのヘブンが、女の子が自分で更新する「写メ日記」というミニブログシステムを生み出してしまったことで、風俗店の売上は上がったと思うし、女の子の負担は確実に増えた。

もちろん、写メ日記でお客さんを呼ぶことができている風俗嬢だっているので、写メ日記自体は一概に悪いシステムってわけじゃない。

でも、アップした写真のスクショを撮られて怖い思いをする女の子も多いし、システムの改善は絶対に必要。

店にも来ない、もはや客ですらないないようなおっさんにスクショを撮られて、ようわからんメッセージまで送られて、それなんて拷問?

なんかもう、書いててつらくなってきたな。風俗嬢、全然楽な仕事じゃないです。なのに「女は風俗で働けるからいいよな」なんてのたまうクソ客は、やっぱり殺してOK。

関連記事

風俗のクソ客に心と体をすり減らされている風俗嬢のみなさん、こんにちは。 風俗クソ客撲滅委員会の、元風俗嬢えまのんです。 道にポイ捨てされた煙草の吸い殻となぜか落ちている片方だけの軍手並みに、次から次へと現れる風俗のクソ客。百害あ[…]

クソ客を殺すナイフ

現役風俗嬢、頑張れ

頑張れ、って嫌な言葉ですね。いやもう頑張ってるし、っていうね。

でも頑張れ。ガンバレというか、負けるなよ。

10年前より楽して稼げない業界になっていることはたしかだけど、SNSを活用してめちゃくちゃ売れる子だっているし、あとは、これでも10年前より偏見は減ってる。

ひょっとすると、全体的な客の質は意外と良くなっているのかもしれない。捉え方によっては、いいこともいっぱいあるはず。

でも、やっぱりわたしみたいなヤル気のない風俗嬢にとっては、おい、まじかって思うようなことのほうが多い気がするんですよね。実際この時代に働いてないからわかんないけどさ。

どうせ風俗で働くなら、せめて大切にしてくれる店を探しましょう。最低な店は腐るほどあるけど、ちゃんといい店もあるから。これは昔も今も一緒。

ではまた。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
昔と今
感想・苦情・殺人予告はtwitterへ!