風俗嬢はどうなる?10万円の給付金をもらうために最低限確認するべき2つのこと

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本政府が国民全員に支給するという、現金10万円の特別定額給付金。

こういうニュースがあるたびに「わたしはもらえるの…?」と不安に思う風俗嬢の皆様。

結論から言うと、もらえます。

この記事では、

  • 10万円は、いつ、誰がもらえるのか
  • もらうための手続きは?

などについて説明します。

筆者はただの元風俗嬢で、専門的知識を有する識者ではありません。内容が異なっていた際も責任を負うことはできませんので、くれぐれも最終判断はご自身でお願いします。

10万円の特別定額給付金は誰がもらえる?

10万円の支給対象者は、2020年4月27日の時点で住民基本台帳に記載されている人です。

  • 国内に住む日本人
  • 3ヶ月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人

であれば給付対象とのことなので、これを読んでいるあなたも、おそらく当てはまることでしょう。

出生届が出されている人であれば住民基本台帳に記載があり、特別な手続きは不要です。

10万円の特別定額給付金はいつもらえる?

10万円の支給開始日は、各市区町村が決定します。

人口規模が小さな自治体であれば、早くて5月中に振込みが開始されるようです。

特別定額給付金をもらうための手続き

特別定額給付金申請書(様式案)

住民票がある市区町村から申請書が送られてきます。給付対象となる家族の指名は、申請書にあらかじめ印刷されているようです。

その申請書に、世帯主が銀行口座番号などを記入して、

  • 口座が確認できる書類(通帳やキャッシュカード)のコピー
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のコピー

と一緒に3ヶ月以内に返送すれば、同一世帯分の給付金がまとめて世帯主に振り込まれます

ここで気をつけたい点が2つ。

1点は、住民票がある市区町村というところ。もう1点は、帯主にまとめて振り込まれるというところです。

住民票を移していない人・住所がない人はどうする?

もう本当に風俗嬢はこのパターンが多すぎ。いい加減にしろ。わたしもそうでしたごめんなさい。

前に住んでいた市区町村内での引越し

「転出届」という書類を市役所やら区役所やらに出せばOK。本人確認書類と印鑑があれば数十分で終わる手続きなので、今行け。今すぐ行け。

前に住んでいた市区町村から、別の市区町村あるいは他県に引越し

この場合は、前に住んでいた市区町村の役所で転出届を出して「転出証明書」という書類をもらった上で、今住んでいる市区町村の役所に行って「転入届」を出さなければ、住民票は移せません。

転出届は郵送でも提出できるんだけど、今日はもう4月24日。27日の時点での情報が給付に反映される可能性を考えたら、もう間に合わない。

住民登録がされている市区町村の窓口で給付申請できる可能性は高いようですが、「前は札幌で、今沖縄〜」みたいな人は、今住んでいる市区町村の役所に直接電話or相談しに行ったほうが早いと思います。

そもそもどこに住民票があるのかわからない

いるよね。引越しを何回も繰り返してる人とか、ネカフェ難民とかね。わたしとかね。

その場合は、顔写真付きの身分証明書と300円を持って、近くの役所に行って「住民票の広域交付をお願いします」と言ってください。

全国どこからでも住民票が取り寄せられ、世帯主やマイナンバーもわかります。

ただし、広域交付住民票には、本籍や転居履歴の記載はありません。

世帯主が誰だかわからない場合は?

世帯とは「居住と生計をともにする社会生活上の単位」のこと。

実家を離れて一人暮らししていれば世帯主はあなただし、同棲カップルでも世帯主はそれぞれつまり同じ家に世帯主が2人いる場合がほとんどです。

ただ、世帯主を決める条件というのは、法律で定められているわけではありません。

不安な場合は、住んでいる市区町村の役所に行って住民票を取得すれば、世帯主がわかります。

住民票の発行に必要なのは、先述の広域交付住民票と同様、免許証やパスポートなどの顔写真付き身分証明書と、手数料300円。

世帯主からDVや虐待を受けている場合は?

これね。絶対あるよね。

DVを受けて別居中、別居していないけれど絶対に使い込まれるから別々に振り込んでほしい、家族から虐待を受けている、離婚調停中などなど、考えられるパターンはさまざま。

総務省の発表によると、

DVが原因で別居されているケースについては、申し入れを受ければ避難先の自治体で世帯主とは別に受け取れることも検討している

とのことで、
内閣府男女局によると、

申出期間中(令和2年4月24日から4月30日まで)に、今お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口に「申出書」を提出してください

とのこと。(30日を過ぎても提出はできるそうです)

支援対象者は以下の通り。

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴食の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申出書には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の藤本又は正本

が必要です。

当てはまらない人もいるよね。でも、詳細については、どのみち今住んでいる市区町村に問い合わせが必要になるので、まずは市区町村や、DV被害者支援団体に相談しましょう。

銀行口座がない場合は?

いいから作れ。

(窓口での受け渡し対応もしていく方針とのことです)

10万円の特別定額給付金をもらうためにすること

  • 住民票のある住所を確認
  • 世帯主を確認

以上です。

風俗嬢だとか、確定申告してないとか関係ない。
今回の10万円は、国民全員への給付です。
ただし、住民票のあるところに住んでいない場合や、さまざまな事情から世帯主ではなく個人での受け取りを希望する場合などは、自治体によっても対応や手続きが違ってくるはず。
ネットの情報を鵜呑みにせず、自分で確認してください。何事もね。
この記事が、少しでも風俗で働く皆様の参考になったなら嬉しいです。

ではまた。

 

関連記事

拝啓、現役風俗嬢の皆様。新型コロナウイルスの影響で、あなた方が大変なことになってるのは知ってる。 なので、今日はわたしが調べてわかった範囲で「確定申告をしていない風俗嬢でも融資が受けられる可能性の高い、新型コロナウイルス関連の補償制度[…]

風俗嬢のためのコロナ関連融資・貸付制度

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
特別定額給付金
感想・苦情・殺人予告はtwitterへ!