風俗の「3ない」求人、本当は「4ない」だから

風俗、とくにオナクラやメンズエステなどのソフトサービスをうたったジャンルのお店は、「脱がない・舐めない・触られない」という「3ない」を求人に記載しているお店が多いです。

服は着たままでいいし、キスしたり乳首を舐めたりすることもない、さらに触られることもないという、夢のような「3ない」。

けれど、実はもう1つの「ない」があるお店が大半であることを知っていますか?

最後の「ない」、それは「3ないがない」。つまり、全部嘘です。虚構です。

え?と思った方、おそらく風俗未経験でしょうか。今まで人に騙されず、疑うことなく生きてこられたことに感謝しましょう。

風俗の求人に「3ない」が多い理由

本当に、風俗の仕事探しほど、相手の気持ちに立って物事を考えられるようになるものはない。

どうせ風俗で働くなら「3ない」で働きたいことならよくわかる。けれど、普通に考えて「脱がない・舐められない・触りもできない」ような女に、いったい誰が3万も4万も払うのか?

たとえば4万という金額は、デリヘルの60分コースなら3回遊べるし、ソープならそこそこ可愛い子とセックスができるような金額。

そんな大金を「3ない」で使いますか?使いませんよね?使うとしたら、何かを期待しますよね?

ちょっと考えればわかること。なのに、どうして「3ない」求人は依然として存在するのか。

嘘でバカが釣れるから

相手の気持ちになって考えられない子たちが、嘘に釣られて応募してくるからです。

「なんで嘘つくの…?」

いや、だって、現にその求人気になってるじゃん。脱がないソフトサービスで3万円!に釣られて応募しちゃってるじゃん。

そんでサクッと騙されて、「まあ、こんなもんだよな〜」って世の中をまた一つ知った気になってデリヘルで働いてるじゃん?

大人たちはズル賢いので、あなたが拒否できないことを知っています。立場が弱いことを知っています。

たとえ求人広告が嘘だらけでも、風俗求人サイトは真偽なんて確認しない。甘い言葉でうまいこと釣って、会ってしまえば業者の勝ち、あなたの負け。

風俗未経験の女の子を言いくるめることなんて、彼らにとっては、いとも容易いことなのです。

全然稼げないけど、嘘ではないから

けれど、たまには本当に「3ない」で働ける風俗もあります。基本プレイは「3ない」だけど、オプション次第では脱いだり舐めたり触られたりするよ〜というオナクラです。

ほとんどの場合、どんなオプションをOKとするかは女の子側で選ぶことができるから、すごい勢いでオプションを全拒否したら「3ない」のソフトサービスだけでも働ける。

まあでも、オプション一切NGのオナクラ嬢は当たり前に稼げないよね。薄給のメンズエステでクソ客に本番強要されまくって、断るたびに心ない暴言吐かれるのも疲れるし。

そのうち、まわりの嬢からも「真面目すぎじゃねww」なんて笑われ始めたりして、「たしかに、別に脱ぐくらいいっか…」なんて心が折れたりするんですよ。この間、長くて5日の出来事です。

ちなみに3、4ヶ月も経てば、ほかの業種のほうが稼げることに気づきます。

すべての道はデリヘルに通ず

いずれにせよ、ソフトサービスに惹かれて風俗に足を踏み入れた者の末路はどうなるのか。

デリヘルで働くことになります。

ソフトサービスなのに条件が良すぎる求人は、99.9%嘘。意を決して風俗の世界に飛び込んだって、そんなおいしい話はありません。

悪質デリで働かされるくらいなら、腹をくくって最初から真っ当な優良店を探すべき。

あと一番怖いのは、店名で検索したときに求人情報しか出てこない店。働こうとしている店が男性向けにどんな売り方をしているのか、絶対一度はググって自分で調べてください。

中には、かろうじて男性客向けのページはあっても、明らかに情報が適当すぎる店だってある。女の子の出勤情報すら載っていないとか。誰がどうやって予約すんねん。

そんなのもう確実に架空店・ダミー店で、店の実態なんてないんだよね。そんなところに応募してしまったが最後、一体どこに売り飛ばされてしまうのか。

 

そうです。デリヘルです。

 

※実際にはデリヘルよりソープよりもっともっと酷い環境で、逃げ出せないような状態を作られた上で働かされることもあります。風俗はまだまだ怖い世界です。くれぐれも甘い話には気をつけましょう。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
「3ない」は「4ない」?
感想・苦情・殺人予告はtwitterへ!